(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第45回(2017.11.25)

第45回(2017.11.25)

2017年 11月25日(土)17:00~18:30 北浜教室

次回取り上げるのは依田高典『「ココロ」の経済学――行動経済学から読み解く人間のふしぎ』(ちくま新書 2016.12.10刊 800円+税)です。
今年のノーベル経済学賞は、行動経済学者のリチャード・セイラーでした。最近、よく聞く行動経済学とはどんなものなのか、その入門的な本を取り上げます。著者の依田高典京大教授は、2009年に『行動経済学』(中公新書)を書かれています。この本は二番手の本です。経済学の流れの中に行動経済学を位置づけ、分かり易く解説した本です。セイラーの提唱した「nudge:ナッジ(そっと肘で突く)」の話もでてきます。

(出版社の紹介)
なぜ私たちは不合理な行動をやめられないのか? 経済学、心理学、脳科学などの最新知見から、矛盾にみちた人間のココロを解明する。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional