home

◎いま、企画中の事業のご案内  参加申し込みは(ここをクリック

大阪自由大学の催しにはどなたもご参加いただけます。大阪の課題にかぎらず、いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご意見、ご提案をお寄せ

新・大阪学事始

新・大阪学事始2020年

NEW! 特別講演会

 

◎なにわ古代史3「継体天皇の時代」は参加者が定員に達しましたので、受付を終了しました。

 

◎道浦短歌塾

 

隔月土曜日開催。次回は2020年2月1日(土)14:00~16:00
上田学園中津校舎(大阪総合デザイン専門学校)
(大阪市北区中津1-7-21。地下鉄・御堂筋線中津駅(5)号出口より徒歩す
ぐ、阪急電車中津駅より 徒歩3分)
参加費は2000円。参加希望者は事務局にご連絡ください。
参加される方は、次回は題詠「梅」と自由詠1首の計2首を事前に提出してください。次回に取り上げる歌人は「河野裕子」です。
原則 偶数月の第2土曜日に開催します。

*次回は都合により、第1土曜日となりました。

 

 

◎読書カフェ

2020年2月22日(土)17:00~18:30 北浜教室

次回の読書カフェは、多湖 淳『戦争とは何か 国際政治学の挑戦』(中公新書 2020年1月刊、800円+税)をとりあげます。

科学としての戦争と平和、科学としての国際政治学を紹介する本と聞き、耳を疑ったが、興味もわいた。戦争と平和について、理論とデータを用いて科学的な分析を行うもので、欧米における国際政治学では主流派のアプローチだという。戦争の発生リスクをデータ解析によって予測する研究なども紹介されている。

(出版社の紹介文)
「戦争の原因には何があるのか」「国際介入の効果とは」「民主主義と平和は関係があるのか」「戦争を予測することは可能か」……。本書は、国際政治学の最前線の成果を生かして科学的に国家間戦争や内戦を論じ、多くの疑問に答える。そして緊張を増す東アジアの現状を踏まえ、日本の安全保障などの展望も示す。歴史やイデオロギーから一定の距離を置き、データ分析から実証的に国際情勢と戦争の本質に迫る試み。

これまでにとりあげた本のリスト

◎東アジア講座

 2020年1月30日(木)19時?21時
「独島(竹島)問題を少しだけ解きほぐす? そこにはどんな歴史があるのか」
 講師:岡本朝也さん(大学非常勤講師・未来のための歴史パネル展共同代表)
 日韓関係のもう一つの火種である独島(竹島)の問題を取り上げます。この分野では、両国政府の主張が食い違い、多くの不確かな情報が飛び交っていて、いつ火が着いてもおかしくない状態にあります。もつれあった歴史を、資料を通じてひもときます。
■会場…バラエティーサークル(大阪市淀川区十三東4丁目10-3)
■参加費…一般1000円(資料代など)学生無料?アジア図書館会員500円
■定員:15人(当日参加可/予約優先)
■お申し込み・お問合せ 080-1417-4186(大阪自由大学/アベ)

◎ソーシャルラボ

◎後援・支援イベントなど

 

上記のロゴをクリックすると活動紹介のビデオが流れます

大阪自由大学通信(毎月1日発信、無料)の申し込みはこちらから

市民の広場

連絡先(〒541-0046)
大阪市中央区平野町2-2-9、ビルサライ701号
大阪自由大学事務局
事務局長 池田 知隆
電話 080-9740-0101
FAX 06-6226-5596

e-mail  kansaiforum@gmail.com

事務局日誌

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

    2020年2月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829