home

◎いま、企画中の事業のご案内  参加申し込みは(ここをクリック

大阪自由大学の催しにはどなたもご参加いただけます。大阪の課題にかぎらず、いまの日本、世界の動きをみつめながらともに考えていくべきテーマについてご意見、ご提案をお寄せください

大阪自由大学では、新型コロナウイルス対策のために2020年4月から8月までのすべての講座を休み、9月再開を目指します。ご了承ください。

新・大阪学事始

◎4月以降、「新大阪学事始」シリーズは8月まで休みます。

◎下記の定例講座も休みます。

◎道浦短歌塾

 

隔月土曜日開催。次回は未定です。14:00~16:00
上田学園中津校舎(大阪総合デザイン専門学校)
(大阪市北区中津1-7-21。地下鉄・御堂筋線中津駅(5)号出口より徒歩す
ぐ、阪急電車中津駅より 徒歩3分)
参加費は2000円。参加希望者は事務局にご連絡ください。
参加される方は、次回は題詠「式」と自由詠1首の計2首を事前に提出してください。次回に取り上げる歌人は「永田和宏」です。
原則 偶数月の第2土曜日に開催します。

*次回は都合により、第1土曜日となりました。

 

 

◎読書カフェ

次回開催は未定です。次回の読書カフェは、マルクス・ガブリエル『世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているか』(PHP新書
2020年2月刊、960円+税)をとりあげます。

マルクス・ガブリエルは昨年2月にNHK番組をベースにした『マルクス・ガブリエル欲望の時代を哲学する』という本を取り上げています。今回の本は、彼の語りおろし本です。今、世界は19世紀の国民国家へと逆戻りしているというのです。彼は、今の世界が抱えている「価値」「民主主義」「資本主義」「テクノロジー」の危機を論じ、その背景に「表象の危機」があるといい、彼の提起する「新実在論」はその処方箋として出されたものだと説いています。

 

これまでにとりあげた本のリスト

◎東アジア講座

 

上記のロゴをクリックすると活動紹介のビデオが流れます

大阪自由大学通信(毎月1日発信、無料)の申し込みはこちらから

市民の広場

連絡先(〒541-0046)
大阪市中央区平野町2-2-9、ビルサライ701号
大阪自由大学事務局
事務局長 池田 知隆
電話 090-4096-8575
FAX 06-6226-5596

e-mail  kansaiforum@gmail.com

事務局日誌

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

    2020年5月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031