(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

大阪自由大学とは

大阪自由大学とは

 大阪自由大学は、地域や市民に開かれた自主的、自律的な学びの場で、学校教育法で定められた正規の大学ではありません。

 かつて長野県上田市を中心に活動した信濃自由大学(1921年開校、のちの上田自由大学)や鎌倉アカデミア(1946年開校)のような一種の教育、文化運動の流れをくみ、大阪の地で活動を始めている一般社団法人です。大学を名乗っていますが、「大いに、自由に」学ぶところという意味をこめています。

 私たちはこれからどんな社会を築いていくのか、様々な天災や事件などによって新たな社会像、国家像の見直しが迫られています。そのためには斬新な発想でこれからの私たちの暮らしのあり方を考えていかなくてはなりません。

 大阪には、歴史的、伝統的に自由な風土に根ざし、"自らに由る"精神を発露してきた人たちがたくさんいました。これからの新しい時代を切り開いていくために当大学では、現代文明の行方を見つめ、先人たちの「魂のたいまつ」をしっかりと受け継ぎいでいきます。

 大阪自由大学にはまだ正規のカリキュラムはありません。さまざまな文化や情報を”消費”するのではなく、自ら大いに学んでいこうという熱い思いを抱いている人たちと共に次の時代を切り開いていくいわば”志塾”を目指しています。

 当面、若い研究者や表現者の能力と技術を最大限に発揮出来るように支援していきながら、各世代の交流を広げ、発展させていく事を目的とします。

 発表の場では老若男女問わず、楽しい学びの場づくり、新しい価値観の創造、独学のススメ…なども心がけて、多彩な展開を目指していきます。縦と横のつながりを深め、世代を超えた関係を結ぶ機会を設けることで、互いに熱い「志」を抱いている仲間がいることを知り、社会を創造していくことへの意欲を育てていきます。

歴史: 
・2011年10月、大阪自由大学設立準備委員会を設立。第一弾として、「若手研究者(ファシリテート)が聞く、問う、話す」オシゴト講座を開き、各種講座を開いてきました。

2012年7月、初代学長に木津川計氏(上方芸能発行人)が就任し、任意団体としてスタートしました。
2014年4月7日、一般社団法人(非営利型)になりました。
2014年7月14日、新学長(第2代)に倉光弘己氏が就任しました。

特徴

a:6839 t:4 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional