(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

設立理念

設立理念

 私たちは世界のなかでもっとも豊かな社会を築いてきましたが、いま、日本人がはぐくんできた価値観が大きく問い直されています。東日本大震災で私たちの暮らしのあり方そのものが足元からも揺さぶられ、新しい社会の形成、「国のかたち」への模索も続けられています。

 混迷の時代にはいつも新しい息吹が生まれ、育ってきたことはこれまでの歴史が示しています。幕末の動乱期には長州の松下村塾から、ここ大阪でも適塾から時代を切り拓いた人材を多く輩出してきました。

 大阪は、古くから中央権力とは一線を画した自由な文化が育ってきました。自由こそすべての文化を生み出す母体であることは、遠くヨーロッパの歴史をみても明らかです。いまやこれまでの考え方にとらわれず、人間の生き方を問い直す時期にきたといえましょう。

 大学の起源は11世紀のイタリア・ボローニャまでさかのぼります。学問を目指して集まった人たちから生まれた自治組織(ギルド)だといわれています。大きな希望を抱いて学び、知る楽しさと考える面白さを求め、人生を豊かにしようという思いに満ちていました。その思いは時代を超えて受け継がれています。

 ところが現代では、無縁社会といわれ、閉塞感に苛まれ、多くの人たちが孤立し、人々を結び付けてきた絆が失われつつあります。いつの時代でも多くの人との関係のなかで、学び合い、支えなくては生きていくことは出来ないでしょう。

 そのような願いをもとに、私たちはこの大阪の地で、自由に学び、教え合う広場、組織として、大阪自由大学を設立しようと考えました。さまざまな世代の学びの場の提供、人材育成に向けた活動を展開していきます。

 大阪自由大学は、これまでの制度にとらわれない学びの場、創造の場を世に送ろうと願っています。そして小さな一歩ですが、未来にむかって多くの人々の魂を点火していくような「たいまつ」を掲げて走り出します。

                         文責 設立委員 池田知隆

a:1968 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional