(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第44回(2017.10.14)

第44回(2017.10.14)

2017年10月14日(土)17:00~18:30 北浜教室

次回取り上げるのは東谷暁『山本七平の思想』(講談社現代新書 2017.8.20刊 860円+税)です。
会議の場で「空気」の支配があらぬ決定に至るといった経験はないでしょうか。それがどのようにして起こるのか。この問題に迫ろうとした山本七平の『「空気」の研究』は、いまも読み継がれている本です。本書を入り口として、山本七平の思想を考えてみたいと思います。
(出版社の紹介)
本書を読んでいただくことで、ばらばらに論じられているように見える「空気」の問題も「安全」の問題も「全員一致」の問題も「日本教」の問題も、そして「天皇制」の問題も、実は、すべてがつながっていることが明らかになる。
そのつながりから生まれた様々な現象を把握することは、いま日本が陥っている混迷の本当の原因を理解し、そこからの脱却を試みるさいの不可欠の前提となるだろう。
その意味で山本七平はまさに今読むべき思想家なのである。(本書より)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional