(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第41回(2017.06.24)

第41回(2017.06.24)

レジメはこちら

次回は6月24日(土)17:00~18:30 北浜教室
取り上げるのは前回と同じユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』上下 河出書房新社(2016.9)上下各1900円+税

前回は本書10章までを紹介しました。6月は11章から20章までを取り上げます。「認知革命」はサピエンスの大きな展開点になりました。後半の中心は「第四部
科学革命」ということになります。これは今、立ち会っている人類の課題がここでは論じられています。それと直近の未来にもふれられています。人類史を数百年、数千年というマクロな視点で見たときに、人類の将来はどのような姿になるのか。歴史家ハラリの壮大な人類史は興味がつきません。

(出版社紹介文)
国家、貨幣、企業……虚構が他人との協力を可能にし、文明をもたらした!
ではその文明は、人類を幸福にしたのだろうか?現代世界を鋭くえぐる、48カ国で刊行の世界的ベストセラー!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional