(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第35回(2016.12.10)

第35回(2016.12.10)

2016年12月10日(土)午後5時、北浜教室

エマニュエル・トッド『問題は英国ではない、EUなのだ――21世紀の新・国家論』 (文春新書、830+税円)
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166610938

英国のEU離脱、米国の大統領選を制したトランプ現象――2016年に現れた予想を覆すこれら現象を読み解くには、エマニュエル・トッドは欠かせない。本書ではトッドの歴史を捉える方法など貴重な情報が盛り込まれている。

(出版社のコピー)
現代最高の知識人であるトッド氏の最新見解を集めた日本オリジナルの時事論集です。テロ、移民、難民、人種差別、経済危機、格差拡大、ポピュリズム、英国EU離脱、トランプ旋風など各章のテーマは多岐に亘りますが、実は「グローバリズムの限界」という同じテーマを扱っています。また知的遍歴と独自の分析手法の秘密を存分に語っている第3章「トッドの歴史の方法」は、他の著作では決して読めない話が満載で、「最良のトッド入門」となっています。「トッドの予言」はいかにして可能なのか?
その謎に迫る本です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional