(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第27回(2016.03.12)

第27回(2016.03.12)

2016年3月12日(土)午後5時、北浜教室

松尾豊『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』 (角川EPUB選書、1512円)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321410000316/

ダボス会議2016では「仕事がない世界」がひとつのテーマになりました。その背景に急速に進む「人工知能(AI)」があります。googleの開発したクルマの自動運転は将来、職業としての運転手がいらなくなるといった危惧が出てきています。あらゆる分野に人工知能が使われる時代が間近に来ています。人工知能に何ができて、何ができないのか。人間社会の未来は?
SFではない近未来を知るうえで、欠かせないものと思います。
(出版社の紹介コピー)
グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional