(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第23回(2015.11.14)

第23回(2015.11.14)

次回、11月14日(土)は井上章一『京都ぎらい』(朝日新書 2015年9月刊)
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17353

この著者には独特の見方がある。最初に書いたのが『霊柩車の誕生』だった。次が『つくられた桂離宮』、そのあと『美人論』とか、次々と書いてきた。軽めの読み物から研究書まで実に幅が広い。本書は『関西人の正体』とはひと味違った京都を俎上にどうなふうな「おつくり」を披露してくれるのか、読んでからのお楽しみである。

(出版社の紹介文)
あこがれを集める歴史の都・京都!
そんな古都を「きらい」と明言するのは、京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。千年積もった洛中人の毒や、坊さんと舞子さんとのコラボレーションなど、「こんなん書いてええのんか?」という衝撃の新京都論

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional