(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第14回(2015.01.24)

第14回(2015.01.24)

2015年1月24日(土)午後5時、北浜教室。
取り上げるのは、堤未果『沈みゆく大国アメリカ』(集英社新書、2014.11)720円(税別)
本書の紹介
堤未果さんは2006年に『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』を書き、日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞を受賞して以来、“貧困大国アメリカ”を多面的に捉え、書き継いできたジャーナリストです。本書はアメリカの医療を取り上げ、オバマケアの実態を暴きだしています。いまTPP交渉が山場を迎えていますが、TPPは医療のアメリカ化を日本に持ち込む手立てとなる危険性があります。日本の公的医療保険制度の利点を知るためにも、本書の問題提起を知っておくことは大切です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional