(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

第5回(2014.03.15)

第5回(2014.03.15)

今回は150回直木賞受賞作、朝井まかて『恋歌』を取り上げます。

 朝井さんは大阪生まれの時代小説作家。受賞作『恋歌』は幕末から明治を舞台に、樋口一葉の歌の師、歌塾「萩の舎」の主宰者、中島歌子を主人公に描いたものです。
 歌子の夫、水戸藩士・林忠左衛門は尊皇攘夷の急先鋒、天狗党の志士。争乱の罪で夫は自害、歌子も連座し投獄の憂き目に合います。夫への恋慕の情を歌に込めた歌人、その波乱の生涯を書き切った傑作です。
*朝井まかて『恋歌』講談社、単行本1680円、kindle版1365円です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional