(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

市民交流掲示板

○市民交流掲示板
 マナーを守って、自由に投稿してください。
(ただし、営業活動や管理者が適当でないと判断したものは削除させていただきます。ご了解ください。)

○新規トピックを投稿する
表示されている認証コード番号を入力してください。

認証コード(0855


インド・サントゥール・ライブ&トーク

  • 投稿者:アジア図書館 (2017-05-07 (日) 14:00:16)

〔日時〕5月15日(月)19時  
〔会費〕\1,500          
〔定員〕30名 (要予約)  

〔出演〕新井孝弘(サントゥール、藤澤ばやん(タブラ)

〔内容〕インド・ムンバイを拠点にインドの代表的伝統楽器“サントゥール”の
    演奏家として 活躍している新井氏の一時帰国ライブ。
    楽器、インドの音楽事情などレクチャーもあります。

〔主催/問合せ/申込み/会場〕アジア図書館
 TEL.06(6321)1839
 大阪市東淀川区淡路5-2-17

 阪急京都線「淡路」下車、徒歩4分。

 ホームページ http://www.asian-library-osaka-org(アジア図書館で検索)
  Eメール info@asian-library-osaka-org

日本平和学会第2期全国キャラバン「社会構想としての憲法」 第2回「いま、憲法は役に立っているか?」6月3日i

  • 投稿者:池田知隆 (2017-04-29 (土) 00:19:37)

日本平和学会第2期全国キャラバン「社会構想としての憲法」
第2回「いま、憲法は役に立っているか?」

1月20日、安倍首相は施政演説で「憲法改正」を本格的に推進する意志を示しま
した。憲法をめぐる議論では、安全保障だけでなく、人権保障や民主主義の問題
も重要です。現実に、ブラック企業、高学費、震災・原発棄民、沖縄など、「憲法が何の役に立っているの?」と思わせる状況もあります。 そこで、今回の日本平和学会全国キャラバンでは、4人のパネリストを迎え、 ポピュリズムが広がるいまの日本と世界の危機をリアルにとらえ、 よりよい社会をめざす対案として日本国憲法を再発見し、 みなさんと新しい言葉を紡ごうと考えています。

パネリスト:
谷口真由美(大阪国際大学)、伊藤公雄(京都産業大学)、杉村昌昭(元・龍谷大学)、斉加尚代(毎日放送)

日時:2017年6月3日(土)午後1時30分~5時
場所:キャンパスプラザ京都4階第3講義室
資料代:500円(学生・院生は無料)

主催:日本平和学会・立命館大学国際関係学部君島東彦研究室

問い合わせは木戸衛一さん(大阪大学)
ekido@osipp.osaka-u.ac.jp

憲法シンポ20170603

藤田早苗さん講演「海外から見たニッポンのメディア」5月18日

  • 投稿者:池田知隆 (2017-04-27 (木) 23:58:15)

「海外から見たニッポンのメディア」
国連特別報告者、デビッド・ケイの日本調査最終報告に向けて
藤田早苗氏講演

 国境なき記者団が発表する報道の自由度ランキングで下降の一途をたどる日本は国連の調査対象になりました。国連特別報告者として昨年4月に来日したデビッド・ケイ氏は中間報告書で「日本のメディアの独立性に重大な危機を警告」しています。そして、今年6月に、最終報告書が発表され、ケイ氏は国連で報告し、日本政府との対話が行われます。
 
ケイ氏をサポートし、この国連調査の実現に尽力し、調査にもアテンドしてかつ最終報告書への情報提供も行ってきたのが、イギリスのエセックス大学の藤田早苗氏。ケイ氏の調査の話や日本の報道やメディアが海外からどう見られているのか、紹介していただきます。
ケイ氏の「メディアの独立」についてのビデオメッセージやBBCなどの海外メディアの例も紹介する予定です。

藤田早苗氏 プロフィール

英国エセックス大学人権センターフェロー。専門は国際人権法。2013年、特定秘密保護法を英訳して国連に通報しその危険性を国際社会に周知。昨年4月に実施された表現の自由に関する国連特別報告者の日本調査実現のために尽力、現在も日本国内外で日本の表現と情報の自由にまつわる諸問題について問題提起を続ける。名古屋大学大学院国際開発研究科修了。英国エセックス大学で国際人権法学修士号、法学博士号取得。

日時:2017年5月18日(木) 午後8時~
場所:毎日放送M館地下1階 AVルーム (大阪市北区茶屋町17―1)
(ロフトの北隣がM館です。M館1階の受付にスタッフがおります)
資料代:1000円
問合せ先:藤田早苗講演会実行委員会
MBS文箭(ぶんや) 25bun64bun@ezweb.ne.jp 090-3713-1179

上田 weddycamo51556@gmail.com  090-4033-2347

三池炭鉱閉山20年展(2017年5月から6月)

  • 投稿者:池田知隆 (2016-10-31 (月) 18:16:04)

三池炭鉱閉山20年展のご案内

来年の5月から6月にかけて巡回展として開催する、「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」のチラシです。
 
三池炭鉱写真20161031この展示会は寄付によって開催します。

展示会の趣旨や寄付のお願いなど、詳細は
http://shaunkyo.jp/miiketankouheizan20nenkansaiten.html

◆展示会の概要

・2017年5月5日~9日 10時~19時 エル・おおさか(大阪府立労働センター)9階ギャラリー(主催:エル・ライブラリー、関西・炭鉱と記憶の会)

・2017年6月6日~30日(休館日あり)関西大学博物館
(主催:関西大学経済・政治研究所、エル・ライブラリー)

・いずれも入場無料

a:3285 t:3 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional