(リンクフリー 転載・拡散歓迎)  新たな”知”の交流と”志”を求めて

「ひきこもり」から家族を考える

「『ひきこもり』から家族を考える」

 「ひきこもり」とは、どのような状態のことをいうのだろうか? 家族は、どのように向き合っていけばいいのだろうか? 当事者本人と家族がともに疲れ果てていまわないように、支援の現場から、解決へのステップを2回にわたって考えます。

*3月2日(金)
第1回「動き出すことに意味があるーひきこもりの支援法ー」
*3月16日(金)
第2回「ニートをどう支援していくのか~その最新動向」

時間 午後7時~8時半(90分)
会場:江坂・大同門ビル4階・会議室
(〒564-0051 大阪府吹田市豊津町9-22)
地下鉄御堂筋線・江坂駅8番出口スグ
定員:30名程度
料金:500円(各回)
申込み&お問い合わせ:kansaiforum@gmail.com(大阪自由大学設立準備委員会)

講師紹介
田中俊英(たなか・としひで)
1964年生まれ。編集者、不登校の子どもたちへのボランティア活動を経て、1996年に不登校やひきこもりの青少年への訪問活動を中心とした個人事務所「ドーナツトーク」社を設立。2000年から、不登校・ひきこもりの支援団体である「淡路プラッツ」でスタッフとして働く。2002年、淡路プラッツがNPO法人となったのを機に代表に就任。2003年、大阪大学大学院文学研究科博士前期課程臨床哲学)を修了。著書に「『ひきこもり』から家族を考える」(岩波ブックレット)などがある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional