ホーム » 映画サロン » ひさびさの映画サロンです。「ATG映画を語る」。ワンコインでどうぞ。

ひさびさの映画サロンです。「ATG映画を語る」。ワンコインでどうぞ。

ひさびさの映画サロンです。「ATG映画を語る」。ワンコインでどうぞ。

「シネ・ヌ―ヴォ」から下記のような提案がありました。この熱意に応えて大阪自由大学映画サロンを開きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ATG大全集」、あのATG映画43本を一挙上映します。
若い映画ファンはATGの存在すら知らない人も多いようです。
どう若い人にATGの存在を知ってもらうか、また日本映画に果たしたあまりに大きな役割を伝えていくか、そして映画を見てもらうか、けっこう難しいことだと感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
■上映日程:2018年7月21日(土)〜9月14日(金)
■場所:シネ・ヌーヴォ
■主催:日本映画大回顧展上映実行委員会、シネ・ヌーヴォ
■協力:東宝、大島渚プロダクション、キノシタ映画、現代映画社、若松プロ、株式会社AID JAPAN、綜映社、Teamゴンドラ
■助成:日本芸術文化振興会
■料金:一般1400円、学生・シニア1100円、会員1000円、高校生以下800円
■前売1回券1200円、前売5回券5000円、会員5回券4500円、当日5回券6000円、フリーパス券22000円
■イベント:
①7/21(土)春岡勇二さん(映画評論家)、ミルクマン斉藤さん(映画評論家)15:10『さらば夏の光』上映後
②7/28(土)大森一樹監督 12:40『ヒポクラテスたち』上映後
③8/4(土)後藤幸一監督 14:20『正午なり』上映後
④8/5(日)金秀吉監督 14:05『君は裸足の神を見たか』上映後
⑤8/25(土)伊藤智生監督 16:10『黒木太郎の愛と冒険』上映後
■ 上映作品:
絞死刑
肉弾
さらば夏の光
新宿泥棒日記
地の群れ
エロス+虐殺
東京戦争戦後秘話
煉獄エロイカ
儀式
曼陀羅
あらかじめ失われた恋人たちよ
天使の恍惚
秘花
戒厳令
津軽じょんがら節
キャロル
卑弥呼
吶喊
鬼の詩
変奏曲
任侠外伝 玄海灘
青春の殺人者
日本人のへそ
黒木太郎の愛と冒険
聖母観音大菩薩
星空のマリオネット
君はいま光のなかに
新・人間失格
正午なり
絞殺
海潮音
ヒポクラテスたち
風の歌を聴け
TATTOO〈刺青〉あり
家族ゲーム
人魚伝説
逆噴射家族
お葬式
生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言
台風クラブ
君は裸足の神を見たか
あさきゆめみし
特別上映:ゴンドラ
追加上映:鴎よ、きらめく海を見たか、めぐりあい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上記のロゴをクリックすると活動紹介のビデオが流れます

大阪自由大学通信(毎月1日発信、無料)の申し込みはこちらから

市民の広場

連絡先(〒541-0046)
大阪市中央区平野町2-2-9、ビルサライ701号
大阪自由大学事務局
事務局長 池田 知隆
電話 080-9740-0101
FAX 06-6226-5596

e-mail  kansaiforum@gmail.com

事務局日誌

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント