ホーム » 学長からメッセージ

学長からメッセージ

学長からメッセージ

大阪自由大学の新学長に倉光弘己氏
大阪自由大学総会が2014年7月14日開かれ、新学長(第2代)に倉光弘己氏が選任されました。

倉光サロン

 

倉光弘己顔01
倉光新学長の略歴
・ 1935(S10) 鳥取市生まれ
・ 1958(S33) 京都大学法学部卒。大阪ガス入社
・ 1977(S52) 新分野開発室部長補佐、
・ 1984(S59) エネルギー・文化研究所長
・ 1994(H06) 大阪ガス退社。神戸大学教授
・ 1998(H10) 神戸大学退職。芦屋大学教授
・ 2005(H17)~08(H20) 芦屋大学学長
・ 2008(H20) (学)芦屋学園理事・芦屋大学教授(現在に至る)

このほか、某幼稚園理事長。某社社外取締役。某病院倫理委員。生命科学振興会常務理事。北海道植物情報物質研究センター顧問。留学生を日本で就職させる運動などをされています。
(写真、経歴は芦屋学園ホームページから)

参考記事
大阪に呼ばれている私
<学長からのメッセージ>

大阪自由大学 学長 倉光弘己

このたび、初代学長の木津川計先生の後を継いで、大阪自由大学の学長に就きました。大阪ガスで34年余働き、4年間神戸大学で教授職を務め、芦屋大学に移り現在も教授を務めています。専門は経営学・マーケティングです。
私は鳥取市生まれで高校までそこで過ごし、4年間京都で学生生活を過ごした後、大阪に出てきました。50年以上働いていますが、不思議なことにその大半は大阪であり、梅田なのです。いわば大阪に取りつかれているのです。今度も大阪自由大学という「大阪」が私を呼びに来たというのが実感です。
近いうちに『学長の生活文化講座』を始めたいと思っています。私たちの年代の者は、雨に濡れたからといって、知人の下着を借りて身に付けると、何かしっくりしません。洗濯済みのものであってもです。逆に友だちに貸した下着が洗濯して返されても、なにかそれを身に付ける気になりません。だからマナーでは「下着を借りたら、新品を返す」ことになっています。
でもそんなことに頓着しない今の若者には、そんなルールが逆に不思議なことになっています。世代間の変化が激しいのが日本の現状です。トイレ履きがなくなり、茶碗布巾も下着と一緒に洗濯機に放り込まれます。台所の流し台で赤ん坊のおしめを洗う若いお母さんまで出てきます。こんな問題から、元旦は神社に初詣で、お盆はお寺参り、結婚式は教会と使い分ける日本人の宗教観も考えてみましょう。
国際化時代と言われる現代に、変わり行く私たちの生活文化を見つめなおし、日本人である私たちの生き方について、ご一緒に話し合ってみたいと願っています。いろんな疑問を持ち込んでくださるように、お願いいたします。ともに語り合いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人はみな文化人であってこそ
初代学長 木津川 計
木津川計02
中内功さんは風雲児的スーパー王だったが文化人とは言い難かった。が、佐治敬三さん(元サントリー社長)はユニークな経済人にして文化人だった。
いったい文化人とはどういう人物を指すのだろう。広辞苑は次のように説明する。
<文化人>知的教養のある人。多く社会的活動にかかわる学者・芸術家などにいう。
この説明に照らせば、中内功さんは時代に先駆ける商才に恵まれたが、この人から「知的教養」はうかがえなかった。しかし、開高健、山口瞳、柳原良平らを宣伝部で育てた佐治敬三さんには芸術を解する「知的教養」の雰囲気があった。
が、佐治敬三さんは文化人の範疇に含め得る稀な人物であって、人がみな”洋酒天国”の国造りに成功できる訳もない。
普通、文化人とは広辞苑のいう如く、「多く社会的活動にかかわる」ということは、かかわる故に著名な「学者・芸術家」でなければならないのだ。
となると、非常に困ったことになる。というのも私は、人はみな文化人でなければならず、文化人にならねばならない、と考えてきたからだ。
「お前は、生涯約束された非文化人だ」と断言されて喜ぶ人は少なかろう。しかし、広辞苑の規定では、著名な学者か芸術家でしか文化人ではない。
すると、大阪自由大学に賛同し、参加する人のほとんどは私も含めて文化人ではなく、一生なれる見通しもない。こんなバカは話があろうか。
文化人への門戸を狭くしたり、閉ざした広辞苑のかかる文化人観は間違っているのである。
人がみな文化人であり、文化人になれるためにはどうすればいいのだろう。文化人の規定を次のように改めるのだ。
<文化人>一流の見識・技芸を持った人をいう。
すると、広辞苑の「多く社会的活動にかかわる学者・芸術家」をどう呼べばいいか。<専門家>ということばはそんな人のためにあるのだ。
文化人と専門家を区別するのである。区別しても排斥し合うものではない。専門家であって一流の見識・技芸を持った人は文化人でもあり、文化人であって専門的領域で秀でた人は専門家と目すのである。
私は、市民の多くが「一流の見識・技芸を持った人」でなければならないと、ずーっと思ってきた。そんな多くの文化人が大阪に生まれるとき、この都市は歪められ、貶められた大阪観を返上することができる。大阪自由大学はそのために誕生した、と私は勝手に思っているのである。(雑誌「上方芸能」発行人)

a:3755 t:4 y:4

上記のロゴをクリックすると活動紹介のビデオが流れます

大阪自由大学通信(毎月1日発信、無料)の申し込みはこちらから

2月
26
2018
7:00 PM 東アジアを考える講座米軍属とアジ... @ バラエティーサークル
東アジアを考える講座米軍属とアジ... @ バラエティーサークル
2月 26 @ 7:00 PM – 9:00 PM
東アジアを考える講座米軍属とアジア人女性との間に生まれた「アメラジアン」 @ バラエティーサークル | 大阪市 | 大阪府 | 日本
アメリカとアジアにルーツをもつ「アメラジアン」 ─映画「ぼくと沖縄とみんな」の作者とともに─ 日時:2月26日 19時~21時 場所:バラエティサークル(阪急十三駅東口から徒歩3分) 大阪市淀川区十三東4-10-3 内容:駐留米兵の祖父、日本人の祖母をもつアメラジアン・黒島トーマス友基さんの作品上映とお話し。 「大阪では普段あまり意識されない問題ですし想像がつきにくい話ではあると思いますが、 少人数でゆっくりじっくり話せたらいいなと思って おります」(黒島さん)。 参加費 1000円 (黒島トーマス友基さんプロフィール) 1986年大阪市住吉区生まれ戦後住吉区に駐留していた米兵の祖父と、 米兵相手にセックスワークをしていた祖母を持つ。中学生の頃から自の“血”に悩み始めるが、 高校で先生や友人など多くの出会いを経て自分と向き合い始める。その後仲間を求めて沖縄の大学に進学するも挫折。大阪に戻り社会人として働く傍ら、2011年ごろからとよなか国際交流センターで活動をはじめ、映像作品を作り始め、2016年には沖縄での思い出を仲間と共に振り返った作品「ぼくと沖縄とみんな」を発表。現在は(公財)とよなか国際交流協会の職員として若者に関わる事業などを担当している。
3月
15
2018
2:00 PM 「うめきた」サロン「ミュージカル... @ 大阪ガスエネルギー文化研究所都市魅力研究室
「うめきた」サロン「ミュージカル... @ 大阪ガスエネルギー文化研究所都市魅力研究室
3月 15 @ 2:00 PM – 3:30 PM
「うめきた」サロン「ミュージカルに恋して」松浦小夏さん @ 大阪ガスエネルギー文化研究所都市魅力研究室 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
●「うめきた」サロン 梅田でちょっと寄り道して知的な語らいを楽しみませんか。 <第10回>3月15日(木)14:00~15:30 「 ミュージカルに恋して―舞台がくれた贈りもの―」 ゲスト、松浦小夏さん(ミュージカル・シンガー) 会場:大阪ガスエネルギー文化研究所 都市魅力研究室 (大阪市北区大深町3の1 グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワーC 13号、Cタワー玄関のエレベータで7階に上がってください) 参加費 1000円、定員40人(先着順)
3月
17
2018
5:00 PM 読書カフェ「井上寿一『戦争調査会... @ 北浜教室
読書カフェ「井上寿一『戦争調査会... @ 北浜教室
3月 17 @ 5:00 PM – 6:30 PM
読書カフェ「井上寿一『戦争調査会 幻の政府文書を読み解く』」 @ 北浜教室 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
2018年3月17日(土)17:00~18:30 北浜教室 次回取り上げるのは井上寿一『戦争調査会 幻の政府文書を読み解く』(講談社現代新書 2017.11.20刊 880円+税)です。 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062884532 今もめている佐川宣寿国税庁長官(前財務省理財局長)が「森友学園」への国有地売却問題に関して、国会で交渉記録を「廃棄した」と答弁して、「国税長官」に出世したという真偽を疑われるような話がありました。 敗戦後、幣原内閣は「大東亜戦争調査会」を立ち上げ、敗戦に至った原因、経緯の調査をはじめました。多くの公文書が焼却された中で、細い糸を手繰るようにスタートした会議も1年弱でGHQから差し止められ、未完のプロジェクトとして、陽の目を見ることはありませんでした。しかし、残された資料集がありました。そこから著者はこのプロジェクトの意図を読み解こうとしたのが本書です。 (出版社 紹介文) 敗戦直後、戦争への道を自らの手で検証しようとした国家プロジェクトの全貌。 1945年11月、幣 原喜重郎内閣が立ち上げた戦争調査会。 幣原自らが総裁   に就き 、長官には庶民金庫理事長の青木得三、各部会の部長には斎藤隆夫、飯村穣、山室宗文、馬場恒吾、八木秀次を任命し、委員・職員は100名ほどという、文字通りの国家プロジェクトだった。 多数の戦犯逮捕、公文書焼却など困難をきわめるなかおこなわれた40回超の会議、インタビュー、そして資料収集。 なぜ戦争は始まったのか? 分岐点はいつだったのか? なぜ戦争に敗れたのか? 日本人自らの手で開戦、敗戦の原因を明らかにしようとしたものの、GHQによって1年弱で廃止された未完のプロジェクトが明かす「昭和の戦争」の実像。
3月
19
2018
6:30 AM 「新・大阪学事始」プレ講演会「が... @ 上田安子服飾専門学校本館6階ホール
「新・大阪学事始」プレ講演会「が... @ 上田安子服飾専門学校本館6階ホール
3月 19 @ 6:30 AM – 8:00 PM
「新・大阪学事始」プレ講演会「がめつい都市か含羞都市か」 @ 上田安子服飾専門学校本館6階ホール | 大阪市 | 大阪府 | 日本
がめつい都市か含羞都市か -都市格と文化のかかわりー   「がめつい都市から含羞都市へ」は『上方芸能』が一筋に追究し、掲げてきた目標でした。大阪はいま二つの困難を抱えています。都市力(経済力)の衰弱と都市格(文化力)の低下です。 大企業が東京へ流出するだけではありません。人材も流出し、只今の大阪はかつてない人材払底都市になっているのです。名立たる文化人、芸術家がいなくなってしまったのです。司馬遼太郎没して二十二年、大阪文化の灯は消えたままです。 いままたカジノのテラ銭で大阪経済を立て直そうとする天下の愚策を前にして「含羞都市へ」は極めて重要な課題になってきました。 木津川計さん(元雑誌「上方芸能」発行人、立命館大学名誉教授) 3月19日(月)「がめつい都市か含羞都市か-都市格と文化のかかわりー」 時間は18:30~20:00 会場、上田安子服飾専門学校本館(大阪市北区芝田2丁目5-8=JR大阪駅、 阪急梅田駅茶屋町口徒歩5分)。 定員60人、参加費1000円(資料代など)
3月
20
2018
2:00 PM 上方芸能講座「上方舞」 @ マスターズ情報館
上方芸能講座「上方舞」 @ マスターズ情報館
3月 20 @ 2:00 PM – 2:30 PM
上方芸能講座「上方舞」 @ マスターズ情報館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
講師 広瀬依子さん(元「上方芸能」編集長、演劇ジャーナリスト) 元「上方芸能」編集長で、現在は演劇ジャーナリストとしてNHKラジオ「か んさい土曜ほっとタイム」で、毎月“オススメ関西文化芸能情報”を担当する広 瀬さんを講師に迎え、上方(関西)で生まれ育ち、今も人々に愛され続ける芸能 を、毎月一分野ずつ取り上げ、歴史、特徴、鑑賞ポイントなどの基礎知識を学び ます    

大阪自由大学事務局
大阪府吹田市豊津町9-22
大同門本部ビル7階(〒564-0051)

事務局長 池田 知隆
電話 06-6386-4575
FAX   06-6386-1983
e-mail kansaiforum@gmail.com

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント